大阪ニート会議 就労モデル検討会議

2011年11月23日第1回 大阪ニート100人会議

大阪ニート 100人会議

「こんな場に出るやつニートじゃない」
「会議してる暇があったら働け」「行ってみたい」

2011年11月23日(勤労感謝の日)
に行われた大阪ニート100人会議は
その告知が各メディアで取り上げられると同時に
若者たちの間で賛否両論の声が巻き起こった。
参加した若者たちは、、「働くこと」に対し
何らかの憤りや願いを持って参加したことだろう。

わたしたちは言った。
「ニート100人会議ではありません。
これは、レイブル100人会議です。」
ニートが集まって一体何ができるんだと笑う周りへの
少しばかりの挑戦状だったのかもしれない。

「立ち上がろう。前に進もう。」
会議終盤まで上がり続けたレイブルたちの熱は、
これまで生み出せないものだったに違いない。

■ 大阪ニート100人会議とは

二ート・ひきこもり状態にある若者の就労支援策を探るために企画。ニート・ひきこもり状態の若者約100人が集結し、10時から18時すぎまで丸一日かけて、理想の働き方やそれに向けた課題、必要な就労支援策について話し合った。
検討結果は、今後の大阪府の施策に反映される。