若者応援団からのメッセージ

若者応援団からのメッセージ

毛利 聡子

毛利 聡子

  • MC/キャスター

メッセージ

最近子育てをしていて思うことは、同じ月齢でも歩ける子がいれば、ハイハイの子もいて、言葉をしゃべり始めた子がいれば、あーうーというだけの子もいる、成長の歩みは決して横一線ではなく、また早ければ良いという良し悪しでもない、みんな違うけどそれでいいんだなぁということです。
遊びになるとある子は積木、ある子はコマ回し、
ある子は鉄棒と各々得意なことに夢中です。
違って当たり前、それが「個性」=「生きている意味」なのだと思います。
皆さんにも一人一人にこのような時代があったはず。
ところが気づけばいつの間にか横一線を求められ、 枠からはみ出した人はレッテルを貼られる、そんな冷たい世の中に必死に抗っている姿が目に浮かびます。
私たちは一人ひとりに生きている意味があり、与えられた役割があります。
自分の人生を大切に思えたらどんなに素敵でしょう。そして自分の能力を活かして周りの人を幸せにできたらどんなに嬉しいでしょう。
あなただけの役割はきっとあるはず、もし一人で見つからないなら、耳を傾けてくれる大人はあなたの近くにきっといます。勇気を出して相談してみてください。


Tool ツール

CM

支援マニュアルやタブロイドなど、レイブルを理解するためのわかりやすいツールがあります。

詳細はコチラ

  • ハローライフ