若者応援団からのメッセージ

若者応援団からのメッセージ

松田 陽子

松田 陽子

メッセージ

私自身、子宮頸がんの術後、離婚、うつ病や対人恐怖症になり、仕事もなく寝たきりのときがありました。
毎朝起きて、誰からも必要とされず、社会に出ていけない自分が悲しくて悔しくて何のために人は生きているのだろうと涙が止められない日々がありました。
そんな私が、家族、友人たくさんの方々に助けてもらいまさに遅咲き、Late Bloomerで歌手の夢をかなえさて頂きました。

人は必ず、どんな困難も乗り越えて幸せになるために生まれてきた。
そして無駄な出来事も無駄な涙もなし、たくさんの苦労が力になりたくさんの悲しみが優しさになる、と信じています。

一人一人のレイブルの皆さんが「生きていて良かった!」と感じるような後悔のない人生を歩けるように、私も共にがんばります!


Tool ツール

CM

支援マニュアルやタブロイドなど、レイブルを理解するためのわかりやすいツールがあります。

詳細はコチラ

  • ハローライフ