test 演劇プログラム ブログ|【大阪一丸】レイブル応援プロジェクト

演劇プログラム ブログ

2012/03/28過去、現在、未来を考えること

一番自分自身の成長に繋がったと思うことは、

演劇をするにあたって、過去、現在、未来と3つに分けて、

うまくいかなくなった原因はなんだったのか、それをどう乗り越えたのか、

そしてどう生きていこうとしているのかを考えたことだと思います。

過去、現在、未来で分けて考えることで、

自分の過去を整理して、総括できたように思っています。

それが僕にとって一番の収穫だと思っています。

 

演劇を通して出会えた方たちから学んだこともたくさんありました。

まず、演出を担当して下さった浜畑賢吉さんに出会えたことが、

僕にとってとても大きかったです。

交流させていただく中で、学ばせて頂くことが多かったです。

共演の様々な表現者の方達と、交流できたことは面白かったですし、刺激を受けました。

 

演劇について書くと、スーツ姿の人たちに声をかけて話をするところは、

昔の自分を、自身で演じている気持ちになりました。

エピソードトークは「今の思い」「なりたい自分」の2つを話しましたが、

「今の思い」は、どう話すか、なかなか考えがまとまらず、

本番前日に話す内容を組み立て終えて、15回くらい自分の頭の中で話をしてみました。

「なりたい自分」は、自分の中にはっきりと3つの目標があったのですが、

その3つの目標を舞台で宣言できたのが良かったです。

 

演劇プログラム参加者 一員.