test 演劇プログラム ブログ|【大阪一丸】レイブル応援プロジェクト

演劇プログラム ブログ

2012/03/30今すべきことや状況を把握する熱心さを学びました。

まずは無事に終わって良かったと思います。

私にとって、知らない世界で生きている方々との仕事であったので、

結構勉強できたかな、と思っています。

東北の気仙沼でお会いした方々も含め、色々な想いの中で、

方向性を見すえている姿勢を見させてもらいました。

目標を持って、そこに向かって進むために、

今すべきこと、した方が良いことは何かを考える、という人生に

真面目に向き合おうとされている方々にお会いできたことは

すごく良かったと思います。

 

本番では、袖に待機したり、控え室に居たりして、

進行具合や自分の出番がどうなっていたのか、よくわからなかったのですが

帰る時に一緒だった運営スタッフの方2人の話を聞いていると

演劇をする中で何か伝えることができたのかな、と思いました。

 

また、演出をしてくださった浜畑先生の話を聞かせてもらって、

いろんな状況を正確に把握しようとする熱心さをみせていただき、

自分も、人との付き合いの参考にしていきたいと思いました。

 

演劇プログラム参加者 一員.